私の実体験!新車を61万円安く買えた新車購入術をお試しください。

ココでは、先日当サイト管理人の私が実際に新型ヴォクシーを61万円!もディーラーが出した条件よりも安く購入出来た「新車購入法」をお伝えしたいと思います。

99%以上!欲しい新車を安く買う事が出来る方法ですので、ぜひ最後までお読みください。
そして新車を最も安く購入する為に必要な事とは、

 新車値引き額を最大限に引き出す
 営業マンの商談手法を熟知する

この2点になります。

以上の2つを知ることがとても重要となってきます。

①新車値引き額を最大限に引き出す
こちらについては、先ほどお伝えした値引き額を目標に商談を進めてください。この値引き額は実際に営業マンから仕入れた情報ですので間違いありませんので。

②営業マンの商談手法を熟知する
新車を安く購入する為に最も重要となるのが「営業マンの商談手法を熟知する」という事です。

まず新車購入をされる方は「下取り車があるケース」が非常に多いと思います。当ページではこの「下取り車があるケースの交渉方法」をお伝えしたいと思います。

まず新車営業マンと言うのが、商談を進める際に必ず余裕を持った値引き、条件を提示します。これはある意味仕方のない事でしょう。

この理由としては、新車の契約を頂ける時には必ずと言っても良いほど、

「見積りの端数を切ってくれたら新車を契約するよ!」とか、
「ディーラーオプションを何かサービスしてくださいよ!最後に。」という事を言われるからです。

この時にもし、新車値引き額などに余裕がない場合、最悪ご契約を頂けなくなる可能性も出てきてしまいます。これは営業マンにとっては一番避けたいところ。

こうならない為にも、必ずと言っても良いほど新車の条件(値引きなど)でサバを読みながら商談を進めるのです。

では新車営業マンはいったい見積もりのどこでサバを読むのでしょうか?

新車値引き額でしょうか?

これはよく勘違いをされている事なのですが、営業マン達は新車値引きでサバを読んだりしていません。

と言うよりも、新車値引きではサバを読めない時代になってしまったのです。当サイトのような値引き情報サイトがたくさん出てしまいましたので。お客さんは最初からある程度の新車値引き額を知っている!という事なのです。

ではいったいどの部分で余裕を持とうとするのでしょうか?

それは「あなたの下取り査定額」です。

この下取り査定額と言うのは、実は非常にいい加減な金額となっていて、例えば「お客様の下取り査定額は80万円でした!」と営業マンが言ったとしても、本当の下取り査定額が105万円だった!と言うのは日常茶飯事に行われている事です。

実際に80万円の下取り!と言われても、それが高いのか?安いのか?それとも妥当な金額なのか?をその場でわかる方はほとんどいません。

でも実際にはこの時点で既に「25万円」もの余裕を営業マンは持って商談を進める事が出来るのです。

これではいくら当サイトのような新車値引き情報サイトで値引き額を調べても水の泡・・・と言う事になってしまいます。

ではこうならない為にはどうしたら良いのでしょうか?

それは・・・

新車値引き額を調べるのと同じで、最初から「今乗っている車の下取り査定額の相場」を知っていれば良い!という事なのです。

下取り車の査定相場を調べる方法としては、複数のディーラーに言って査定をしてもらう、中古車買取専門店に行って査定をしてもらう、という方法があります。

もちろんこれは間違いではありません。

しかしこの行為には相当な時間がかかってしまいます。(1社あたり1~2時間程度)

しかも査定をした後は間違いなく営業をかけられます。

こういうのは嫌いな方も多いのではないでしょうか?

ではどうすれば良いのでしょうか?

これには非常に簡単な方法が存在するので、それを今からお伝えしようと思います。

あなたの愛車の下取り相場を知る!誰もが行っている方法とは?

最近の新車購入をされる方のほとんどが利用している!と話題になっているインターネット無料サービスがあります。

これは簡単な個人情報と今乗っている車の情報を入力するだけで、複数の中古車買取専門店がメールなどで現時点での査定相場を教えてくれる!というサービス。

しかもビックリするのが、新車ディーラーの下取り査定額よりも平均で16万円以上!高い査定額が出ると言うのです。

これが今話題になっている一番の理由ですね。

ではなぜこんなにディーラーの下取り価格と差が出てしまうのでしょうか?

 新車ディーラーは下取り車に対して積極的ではない為
 オンライン無料査定では国内だけではなく、海外の中古車市場とも太く繋がっているため

これがディーラーの下取り価格と差が出る大きな理由になります。この為、毎日数百件という方がこのオンライン無料査定サービスを利用しているのです。

海外の中古車市場では、日本では考えられない金額で車の売買がされているのはご存知の方も多いのではないでしょうか?

日本車は海外でも人気が高く、関税という輸出に纏わる税金の関係からも日本車は海外では高く売買されているのです。

こういった理由からも、日本国内では売り物にならないような古いう車や、走行距離の多い車、内装外装が悪い車でもありえない買取金額が付くのです。

こういった海外市場と太く繋がっている中古車買取店がたくさん登録しているのがオンライン無料査定で平均してディーラーよりも16万円以上高い査定額が付く理由となっているのです。

こうしたオンライン無料査定を利用するだけで、新車営業マンは新車値引きでサバを読むことが出来ず、下取り査定額でもサバを読む事が出来ない。

この結果、当たり前ですが「最高の条件で新車を購入する事が出来る!」という事になるのです。

営業マンにとっては本当に厳しい現実だと思います。商談がしにくくて仕方がないでしょう。

中には新車ディーラーよりも50万円以上!下取り査定額に差が出るケースも多々あるサービスですので、今ではほとんどの方が利用するのもわかりますよね。

誰にでも1分ほどの時間を使うだけで出来る「間違いなく新車を安く購入出来る方法」ですので、少しでも新車を安く購入したい方はぜひお試しください。

その違いがすぐにわかりますので。

ズバット

ボタン